披露宴イメージ

披露宴をする上での心構え

結婚をする時に、入籍だけで済ませるか、式や披露宴を行うのか悩む方も多くいると思います。
式や披露宴は、実際にお金もかかりますし、準備に長い時間と労力が必要です。
始めは、入籍と旅行に行き自分達だけの記念になるものになればいいと考えていました。
しかし、義理の両親の強い要望があり、式や披露宴を行う事となりました。
何度となく式場に足を運び、何度となく打ち合わせを重ねました。
準備の段階でも、どうして本人達が希望していないのに行わなければならないのかと思う事がたびたびありました。
希望をしていなかったためか、準備が後回しになる事が多く、前日までバタバタと準備をしていました。
準備はとても大変で、両家のゲストの人数が違いすぎると、親どおしがもめたりと、当人どうしを差し置いて、親どおしが話し合いをする事もありました。
本人達は、せっかくやると決めたのだから、ゲストとして来てくれる方達が喜んで楽しんで帰ってくれる様なものにしたいと思い、ゲストが退屈をしないように、いろいろな事を式場のスタッフの方と話し合いをしました。
当日は、式と披露宴を同じ場所で執り行いました。
始まる前は、緊張しましたが、始まってしまえば、嫌々ながらも苦労して準備をしたかいがあり、楽しむ事ができました。
仕事関係の方は呼ばず、友人はほんの一部でほとんどが親戚の方々を呼んだものにしたため、そんなに人数も多くなくアットホームなものにする事ができました。
また、あまり会うことの少ない親戚の叔父や叔母にも会うこと機会が持てたことも良かったです。
終わってしまえば、すぐに過ぎてしまったように感じました。
とてもすごい時間と労力を必要とするのに、本当にあっけなく終わってしまうものなのだと実感しました。
当日はたくさんの祝福をしてもらう事ができました。
式や披露宴をやらなければ、結婚をしたことをこんなに人々に祝福してもらう事はなかったと思います。
始めは、やる気がなく、どうしてやらなければならないのかと思い、準備もしぶしぶやる事が多かったのですが、終わってみると、いい経験をする事が出来たと思います。
これから、結婚をして、式などをやるかやらないかを迷う事があると思いますが、一生のうちで、一度あるかないかなのでなんでも経験と思いやることをおすすめします。

女性なら誰もが一度はウェディングドレスに憧れるのではないでしょうか?
結婚が決まるとその夢が叶います。
こちらhttp://www.agoo4u.com/Agoo_Leggings_Girl_Power_p/al1050.htmにはウェディングドレスの種類やレンタルと購入の場合それぞれの価格の相場などがかかれています。
一生に一度ですから妥協せずに自分が気に入ったドレスを着たいものですね。
結婚披露宴のウェルカムスピーチのポイントこちらも参考になるかと思います。
▼結婚披露宴についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

Copyright(C) 2010 ブライダル.com All Rights Reserved.